2011年02月15日

冬のホットデザート

あらちょっともしかして体調悪くなりかけてる?

という疑惑が気のせいだったらいいなと思う今日この頃のたまごです。
こにちわ。

昼間に若者が一人熱だして早退したのですが、ちゃんと病院行ったのかなー。
明日は午後からお客さまがたくさん来る予定なので、彼がインフルエンザだったら大惨事ー、とかうっすら考えてしまうなー……。


と、まあそれはさておき。

まだこのブログでしかついったーはじめたよって言ってないのに、気がついたらもう中つ国の人がフォローしてくれてることに驚きを隠せません。

見つけてくれてありがとーありがとー。

つまらないつぶやきしか発信しない思うけどよろしくねー。


と、お礼を向こうではなくこっちで呟くというあまり意味のないことをしつつ、今日の本題へ。


  

戯れに、冬によく作る超簡単なホットデザート「リンゴと生姜と柑橘の蜂蜜コンポート」をご紹介してみようかと。

更新再開したと思ったらまたおやつの話か! とツッコミが入りそうですが気にしなーい。



「リンゴと生姜と柑橘の蜂蜜コンポート」

■ 材料

 ・リンゴ
 ・柑橘
 ・生姜
 ・蜂蜜
 ・レモン汁(柑橘の酸味次第、入れなくても可)
 ・香り付け用のお酒とか(なくても可、わたしはコアントローが好き)



■ 作り方


 リンゴは皮をむいててきとーな大きさに切る
 生姜も皮むいててきとーな大きさに切る
 柑橘も皮むいて実だけにする

 上記と蜂蜜、レモン汁、お酒を耐熱容器に入れて
 いい感じに火が通るまでレンジでチン


以上、できあがり。
超簡単。


こんぽーと1.JPG  こんぽーと2.JPG
はっさくで作ったら、ちょとはっさくの苦味が出てビターな味わいに

アツアツで食べるも良し。冷やして食べるも良し。
そのまま食べても良し。紅茶とかヨーグルトとかパンとかと一緒に食べても良し。

すぐ食べない分は冷まして密閉容器に詰めて冷蔵庫へ。
わたしは一度にたくさん作って食べたい時に食べたい分だけ小鉢によそって温めて食べてます。

消費期限は、冷蔵庫で少なくとも10日くらい大丈夫かな。
それくらい置いて食べておなか壊したことないです。


材料の配分、切り方、使う柑橘はお好みで。
わたしはリンゴは厚めの銀杏切り、生姜は粗みじん、柑橘は皮むいたらほぐさずそのままぽいっと放り込んでます。


甘みは使うリンゴと柑橘の甘さと好み次第で蜂蜜で調整してください。
酸味の強い柑橘ならレモンはなくてもいいと思う。
ちなみにわたしはいつも出来上がってからしか味を見ないです。


あと、皮もお好みで、むいてもむかなくてもどっちでも。
わたしは食感を重視してむいてますが、気にならないならそのままでどぞ。

柑橘の皮だけは、他の材料とは別にして、白いふわふわの部分を取って灰汁を抜いてやわらかく煮てから混ぜるといいんじゃないかと思います。
マーマレードとか皮の砂糖漬けとかのレシピを探して参考にしてみてくださいな。


生姜は食べないならスライスとかしぼり汁だけとかでもいいと思う。
わたしはリンゴ2個、柑橘2個、生姜1袋(100円くらいで売ってるやつ)で作ってますが、それだと口の中がピリピリするくらい辛いですよ〜。

ぶっちゃけ生姜は入れなくても普通に美味しいコンポートになると思います。
よろしければお試しあれ。



……あれ?
超簡単に書いたつもりだったんだけど、見返してみたら意外と長々した文章に……なってる……?
とりあえず文字ばっかり読みにくいので、お家に帰ったら写真撮ってはっつけることにしますねー……。

そして写真を貼ってみても別に読みやすくはならないこの現状……。


posted by べとに/たまご at 18:41| Comment(0) |  好きとか嫌いとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。